忍者ブログ
ガーデングッズやインテリア 雑貨のネットショップ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

2018/06/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2015/05/26 (Tue)
ジューンベリーの剪定をしてもらい 鳥さんに食べられないうちに
実を収穫し ジャム作りをしました。




真っ赤に色づいたものを ハサミで切っていき・・・・
かなり 根気のいる 仕事・・・・・

白いものは 赤くなるまで 別の容器に入れました。

おかげで 豊作♪ 1キロ弱 実がとれました。
一緒に マルベリーも少しだけ・・・ ぐつぐつ煮ることに・・・・
この量にたいして 400gくらいの グラニュー糖を入れました。

 

ジューンベリーは 実が小さいので 掃除が大変・・・・・
ある程度 軸が残っていたので 10分ほど煮たら 火からおろし レモンを加え
こします。


はい 完成! ヨーグルトにいれると とってもおいしいで~す。



ポチッと宜しくお願いします!

にほんブログ村 雑貨ブログ ガーデニング雑貨へ


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
PR

2015/04/22 (Wed)
昨日は京都在住あやちゃんに案内してもらって、京都散策をしました。

京都だけあって、お寺や大学が多い。学生には楽しそうな街だなーと思いました。

お昼は茂庵さんに。鴨川ホルモーに出てくる吉田神社の近くです。かなり長い階段を上りました。元々は大正時代に茶の湯の場として作られたそうで、京都市の登録有形文化財に指定されています。



車は 下にしか止められません。

ここから長~い階段を上ります。



途中 大文字山が 正面に見えます。



やっと入り口



でも ここからも まだまだ 登ります。

やっと辿り着いた~・・・・


とても素敵な建物です。眺めがすばらしい。
木々の緑に覆われ 日々の疲れをいやしてくれます。

お昼は 季節のランチをいただきました。



そのあと けいぶん社に立ち寄りました。
お洒落な雑貨や 文房具 珍しい本が並んでいました。イベントスペースでは お洋服の
展示会もされていました。

中庭が とっても可愛かったです。






ポチッと宜しくお願いします!

にほんブログ村 雑貨ブログ ガーデニング雑貨へ


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

2015/01/16 (Fri)
この間 お正月と思ったのに 1月も半ばになってしまいました。emoji
ほんとに 日のたつのが 早いですね・・・
私事ですが・・・・乳がん手術と再建手術から早くも1年がたとうとしています。

現在では 乳がんは12~13人に一人の発症らしく 年々増え続けています。
これを読んで頂いて 少しでも 参考にして頂けたら・・と思います。
女性の方は 普段から 自分が 乳がんになった場合をシュミレーションして頂けたら・・・
と思います。(ならないのに こした事はないのですが・・・・・)

やっと書く気になったので この1年の事を書きますね・・・・

2013年10月

いつもの婦人科にお薬をもらいにいったら 7月に受けたマンモグラフィーの再検査にひっかかっているからと
大きな 病院に行って欲しいと言われました。

なぜ?今頃なん?3カ月もたってるやん・・・ 再検査にひっかかってたら なんで 早く電話くれへんかったん・・・・
まず 腹立たしい気持ちが わいてきました・・・・(がのちに これは 病院まかせにしてた自分もいけなかったと思う・・・・
病院に こちらからも 検査結果を聞くべきだったと思いました)

すぐに 大学病院の乳腺外来に行きました。
マンモグラフィーの再検査にひっかかったのは 左・・・・でも触診の結果 
右下にしこりが あるので 両方とも エコーと細胞診をしてもらって下さいと・・・・

次の週に結果を聞きに行ったら 左は 乳腺症の場合マンモの画像が白く映るので心配ないが
右が 恐らく ガンじゃないかと思う・・・・とドクターに言われました。

頭が 真っ白になりました。
次回 マンモトームという 3~4mmほどの針を病変にさし 採取してガン細胞を調べるものです。
これは 麻酔したけど かなり痛かった。同じ時期に入院されてた方は 血がとまらなくなって 
大変だったらしい・・・・
この結果も意外と早くでました。
やはり 間違いなく ガンだと・・・・覚悟はしてたけど やはりショックでした。
母が乳がんではないので 自分には 関係ないと思ってました。

主治医は 今後の予定を たんたんと話していきました。
年内には ちゃっちゃと手術して その後 放射線治療を月曜から金曜まで毎日5週間25回うけてくださいと・・・・
25回も?と思わず聞き返しました。なんだか 気の遠くなる話でした。
主治医は こんなに 早く見つかって ラッキーだと言いました。腫瘍は約1cm
リンパにまわってなければ ステージ1だそうです。
仕事は やめたらあかんよ・・・・と言う主治医の言葉通り 
11月12月の教室はすることに決め 手術の予定を12月18日に決めました。
でも 家族には 言うタイミングを見いだせず・・・・
しばらく 言えなかったです。

2013年11月

半ばに せやねんのロケがあり それが 終わった夜 主人や子供に話しました。
次の日から 造影剤を入れてもMRI CT エコーなど 検査があったからです。
私も たんたんと話しましたが 娘は 泣いていたかな?

主人には 飲んでた薬の副作用では?と指摘されました。
低用量ピルです。調べた結果 若干 乳がんのリスクが上がるようです。
2014年1月には 血栓での死亡例が 日本でもでたという薬でした。
アメリカでは 結構訴訟が起きていることもわかり
最初に処方する時に もっと 副作用の説明をしてほしかったと思います。
長く飲む薬は 自分で 調べなあかんと 主人に言われました。
母や 親戚にも 乳がんはいません。この薬 少しは 関係してるのかな?

次の日のエコー検査の時 検査員の技士さんって 事務的な方が
多いけど すごく色々話しかけてきてくれました。

「あれ?何でひっかかったの?」 「乳がんです」と答えると
「そっか~・・・・辛いけどな~ 入院中も 同じ病気の人探して いっぱい友達作るんやで~・・・・」
とか やさしい言葉をかけてもらううちに 涙が止まらなくなりました。
ずっと我慢してたものが 爆発したかのように 嗚咽がでるくらいでした。
あとから 思うと 技師さん かなり びっくりされたと思います。迷惑だったよな~とも思いました。

でも ほんとに 子供が 何か大きな病気をするより 自分でよかったと思いました。
だからこれくらいの事で 人前では泣いてはいけないと思い ずっと我慢してる自分もいたので
この時泣いた事で 少し楽に なりました。

そのあとの 骨の転移の検査を待っている間 偶然に 知り合いに会いました。7年ほど前に乳がんで手術されたのは 知っていました。
1~2回しかあった事がない方なのに この病院で会えるなんて・・・・
たんなる偶然ではなく神様が会わせてくださったのだと思いました。
今では なんでも聞ける 乳がんの先輩です。

ドクターには 胸の形気になる?って聞かれましたが 
その時は ピンとこなくて まず悪いものをとらないと・・・・
と それしか考えられませんでした。 
右下 1㎝の腫瘍だけど 直径5㎝の球体をとるそうです。
胸の形が どんな風になるのか 気にはなっていたけど 
その時は 二十歳の娘さんでも ないし 結婚もして
子供も産んでるし・・・・
再建なんて思ったら贅沢だと思ったし 胸の形がどうであれ 仕方がないと思っていました。
でも タイムリーにも  乳房再建のテーマのテレビを その頃よくみました。

次の診察で ドクターに 少し気になっている旨を話しましたが 
同時再建となったら 形成の先生にも入ってもらわないといけないので 
もう 手術日も決まっているし・・・・とか 考えると
手術の後 見てから考えるって 先生には伝えました。
(あとから考えると これが 間違いです) 

2013年12月半ば 

前日からの入院です。
手術は4時間ほどかかりました。
目がさめた時 全身麻酔は こんなにきついものかと思いました。
とにかく 腰が痛い・・・・夜中は まったく寝れませんでした。
ドレーンから血?水?みたいなのがでてるので それをためるボトルをいつも 持ち歩き
それが うっとおしいな~と思いました。
でも それも 4日めには ぬけました。
病室に同年代の方もいたので お話ししてると時間のたつのも早かったです。
ドレーンが ぬけたら シャワーをあびることが可能になりました。
はじめて 鏡の前で 手術後の胸を見ました。
かなりショックでしたemoji
ここまで 変形してたら 乳房温存の 意味があるのか?と思いました。

手術前に どうして もっと悩まなかったのかと思いました。
周りに 乳がんの経験をされた方がいなかったこと 再建の話まで
普段から 考えてないと そんな 短期間で 決めれるはずも
ありません。誰も教えてくれないのです。

もうすぐ70歳の方が 同じ病室にいらっしゃって シリコンの同時再建を受けられたと聞き
こういう方法もあるんだと 知ってはいても 目からうろこでした。

そのあと 再建の事を 携帯で いろいろ調べてみました。
どうやら放射線をすると 再建が困難になると書いてありました。
って事は 知らなくて 放射線をあてていたら どうなってたんだろうって・・・・

私みたいに 少しでも悩んでいる人がいたら どうして 乳腺外科のドクターは
教えてくれなかったんだろう?
こんな 大きな病院でも まだまだ 形成との連携がとれてなくて 
遅れているんじゃないかと思いました。外科主導になるのは
仕方ないこと・・・・
外科のドクターは 悪いものをとりきり再発を防ぐのがお仕事です。
でも これからは ますます 再建を受ける方が 増えていくと思います。
少しでも 変わってきていたら 嬉しく思います。

入院中 悩んでいたら 整形のナースをしている友達がお見舞いにきてくれました。
彼女に相談したら 形成外科に 乳房再建で有名なE先生がいるから
退院の時に予約をとって帰ったらいいよって教えてくれました。
早速 病棟の看護師さんに 言うと すぐに話してくれたのか
E先生が 病室に来てくれました。
とっても親身に聞いてくださって 方法としては 2つあるよ・・・・
1つは 全摘して シリコンを入れる。実際シリコンを入れるのは
半年後 それまでは 生食もパックを胸に入れ 少しずつ 皮膚を伸ばしていく。
シリコンが やぶけたりするので 10年くらいで 入れ替えが必要。
シリコン入れた側は 寝ころんだ時は ぺちゃんとならないよ~って・・・・

もうひとつは 背中の広背筋を血管をつけてまま 切りとり 胸に
まわしていく。
お腹の肉をとるより 馴染みやすい。
シリコンより 自然。

退院から2週間後に 外来の予約をとってもらいました。
2週間じっくり 考えてね・・・・お正月の宿題やね・・・・
次の外来まで 決めれなかったらそれでもいいよ・・・とやさしく
言ってくださいました。
1週間で 退院。夜はお寿司屋さんで主人がお祝いしてくれました。

今日は ここまで・・・・又 続きます。
長く読んでくださり有難うございました。










2014/11/24 (Mon)
連日、ワイワイと楽しく皆さんで作品を作ってます。
今年の新作はスワッグです。
12月もやってますので、あいてる日にちはお問い合わせくださいね


 


ポッチリお願いします!

にほんブログ村 雑貨ブログ ガーデニング雑貨へ


にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

2014/05/11 (Sun)
今日は息子の18歳の誕生日でした。
お寿司をとって、ケーキは手作りで。
絞り出し袋もなく、チョット残念なケーキになったけど、習いたてのウクレレでパパさんと一緒にハッピーバースデーを歌いました。子供たちは苦笑してましたが、
もう少しうまくなるからねー。そのうち。

小さい時はガサガサ落ち着きのない子でしたが、いつの間にか、一人前の口をきくようなり、随分大人になりました。
病気で気弱になってる私は、そのうち、老いては子に従えじゃないけど、息子の言うことを聞く日がくるのかなー?なんて。
いやー、まだまだお母さんはあなたに母として言わなければならない事が、沢山あるからね。
今年は勝負の年になるけど、後悔のないように。私は後ろから見守ってます。
あとどれくらい一緒に住めるのかな?と思うと淋しくなるけど、今を大事にしないとなって考える今日この頃です。
お誕生日おめでとう。




calendar
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ Template:hanamaru.